女性が年上の年の差婚はうまくいく?

芸能人の間でも多い年の差婚ですが、意外にも女性が年上の場合が多いですね。

以前の日本では、女性の方が年上なのは、結構嫌がられたものでした。
恋愛においても、そうだったと思います。

女性よりも男性が強いのが当たり前だったので、違和感を感じている人も多いと思うのです。

年齢差があるカップルさんは、あまり別れない、離婚率も低いと聞きますが本当なのでしょうか?

ここで検証してみたいと思います。

なぜ今、姉さん女房がいいのか?

一昔前ならアラサーからもう、女性は「オバさん」と言って馬鹿にされたり、結婚もしてないとなると扱いが少々ひどかったりもしました。

20代には結婚をして、良い妻になっているというのが常識だったと思います。

しかし今は、30代になってもバリバリと好きな仕事をしながら活き活きと生きている女性の方がモテるのです。
ファッション雑誌などでも、アラサー、アラフォー世代の女子の方が魅力的だと言われていることが多いです。

つまり、かっこいい、頼もしい、経験豊富な女性が男性からも同性からも支持されているということですよね。

その他にはこんな部分もポイントになるようです。
・包容力がある
・相談相手になってくれる
・キャリアが豊富
・さりげなく立ててくれる

なるほどと思うポイントですが、恋人候補ならまだ理解できても、お嫁さん候補になると考えてしまう人もいるのでは?
良い悪いは別にして、ひと昔前からは考えられないことですね。

年齢差も一つや二つなら許せますが、10歳以上はなれていてもそれが当たり前になっているのです。

男性が女性に包んで欲しいという時代ですが、結婚生活はそれでうまくいくのでしょうか?

10歳以上の姉さん女房との結婚生活の実態は?

年の差婚でなくても、結婚すればどこの夫婦でも、旦那さんは奥さんの尻に敷かれることが多くなります。
その方が長い目で見た時に、家庭も夫婦もうまくいくケースが多いのです。

と言うより、男性は普段は尻に惹かれて、上手く転がされてれれば良いと思うのです。

でも出来る女性は男性を喜ばせる事もちゃんと出来ているので、安心して尻に惹かれてるのだと思います。

だから、わかって転がされてる位が丁度いいと思うのですね。

精神年齢を見ても女性は実年齢より10歳位上の感じがしますし、男性は実年齢より10歳位下の感じがします。

でも、全員ではありませんし、逆転現象が起きてバランスの取れてるカップルもいるのです。

同性婚も同じだと思います。

様々な選択肢の中、結婚のスタイルも様々になってきてるのですね。

一般的に金銭面の管理は、奥さんがした方がいいと思います。
その方が、現実的思考の強い女性の経済性が安定を求めるので、結果的に家庭がうまくいくと思うのです。

でも、世の旦那さん達が汗水流して働いでいるのに、涼しいところでママ友と小洒落たランチは関心出来ませんね。

少しでも罪悪感を感じたら、夕食のおかずを1品増やして、ビールを注いで「お疲れさま!」位は言ってもバチは当たらないと思いますよ!

むしろ何か今日の奥さん良い事あったのかな?なんて話をするキッカケになるじゃん!?

旦那が奥さんの尻に敷かれた方がうまくいくのであれば、奥さんが年上の方がさらにいい意味で旦那さんを尻に敷いてくれそうですよね。

実際にも、女性が年上の結婚の方がうまくいっているのです。
奥さんの方がキャリアが充実していて稼ぎが多いなんて事も・・・

昔だったら、旦那さんより奥さんの方が稼いでるなんて馬鹿にされたり、旦那さんの中でコンプレックスになっていましたが、今は違うのですね。

こんな時は男女平等が助かるね。

そして、実は男性より女性の方が多才なのです。
多方面で活躍できる脳を持っているのが女性です。

同時にいくつものことをこなせる女性だからこそ、育児と仕事、家事ができるのですよね。

年齢差についての女性側の捉え方は?

年齢差結婚に対して男性側は、奥さんが年上の方が良いようですが、女性側はどうなのでしょう?

年上だとオバさん扱いされないか?
若い子に目移りして浮気されるのでは?
などと考える女性も多いようですが、時代の流れに沿って、なるべくナチュラルに受け止めて過ごすようにしているようです。

男性側がそれで良いと思っているのですから、女性側もきにすることはありませんよね!
年上年下など、年齢を気にしすぎない方がうまくいくようです。

今の時代、60歳も70歳もそんな変わらないでしょ!?

二人の間で、年齢差を決めてしまうというのもアリかもしれません。

プロポーズは男らしくちょっぴり大人っぽく

いくら頼れる女性が流行っているからといって、男性側も「たまにはリードしたい。」、女性側も「たまには頼りたい。」と思っているはずです。

特に、プロポーズは男性側がしっかりして、女性に結婚を申し込むべきなので、いつもとは違う姿勢で申し込むと、成婚率も上がるかもしれません。

デートの場所も、いつもは彼女の方が決めていたとします。
しかし、プロポーズの日だけは男性が何もかも決めて、リードした末に結婚を申し込むと、彼氏の男らしい一面に彼女も惚れなおすかもしれませんよ!

プロポーズだけでなく、年上の女性と付き合っている男性は、たまには男らしくリードする日も作った方がいいかもしれませんね。

婚約指輪はシークレットで手作りを

プロポーズの時は、男らしさに加えてサプライズ的な何かを考えてもいいですね。

例えば、婚約指輪。
有名ブランドの既製品を手渡すのもいいですが、手作りして彼女を驚かせませんか?
いつもは気が強くたくましい彼女も、あまりの嬉しさに涙するかもしれません。

もちろん、彼女には内緒で、コツコツと婚約指輪を作るのです。

制作動画DVDを同時に渡せば、彼女への想いが伝わって感動のプロポーズになりますし、その場は婚約指輪だけを渡し、挙式や披露宴の当日に、それが手作りである事を初めて知る新婦にとっては感動と更なる喜びで旨がイッパイになることでしょう。

また、何よりも作った本人が悔いのないプロポーズができたと思えるでしょう。

いかがですか?
数年前から話題になっている年齢差カップルですが、今の時代は女性が強い方がなんでもうまくいくのかもしれませんね。

女性はそれに対して大いに自信を持ち、男性はそれを謙虚に受け止めていくことだと思いますね。

年の差を気にしますか?

幸せの記憶を残す 
2人で作る結婚指輪 感動サプライズの婚約指輪
アトリエ100&1  東京浅草橋アトリエ花風里

私達の思い

●本   店 石川県金沢市 076-255-2896

JR金沢駅 バス 香林坊・片町 下車徒歩3分

●アトリエ花風里 東京都中央区 03-3661-6494

JR線 総武快速線 馬喰町駅 徒歩1分
JR線 浅草橋 徒歩3分
都営浅草線 浅草橋 徒歩3分
都営新宿線 馬喰横山 徒歩5分

●横浜 支店 横浜元町   050-5892-2508

JR線 石川町 徒歩5分
みなとみらい線 元町中華街 徒歩10分

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です