最幸のダイヤモンドを選ぶ3つの条件、手作り指輪アトリエ100&1

By 100and1, 2014年7月29日


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

婚約指輪にダイヤモンドを贈る割合が90%以上の統計がありますが、実際に何故結婚の時にダイヤモンドを贈るのかを理解してる人は多くありません。

お店で説明される事として、ダイヤモンドの硬さ=「絆の強さ」を上げる所が多いと思いますが、もっと深い意味があって、そのような説明がされているのです。

500年にもさかのぼる愛の物語が有るのです。

ダイヤモンドを贈る=「結婚する覚悟」なのです。

それを知った上でダイヤモンドを見ると、改めて結婚する意味を考えさせられるかも知れませんね!

では、限られた予算の中でより良いものを送れるのでしょうか?

1:ダイヤモンドの4C

2:いつ迄も着けれますか?

3:想いは込められていますか?

ダイヤモンドの選ぶ時に必要なのは、ダイヤモンドのスペックだけではいけないのです。

1:ダイヤモンドの4C

一般のお店では必ずご予算をお聞きするでしょう。

これに関しては、アトリエ100&1でも同じです。

ただ、100年前の基準を採用している99%の一般店とは選択の仕方が異なるのです。

ダイヤモンドの4Cは、Color・Clarity・Cut・Carat の頭文字の「Ç」を取って4Cと言っております。

Color カラーはDからスタートして、EFGHIJ・・・XYZとなります。

最高カラーとだれてる「D・E・F」は無色透明、その差は鑑定士がマスターダイヤモンドと見比べて決めるほど、肉眼では判りません。

ダイヤモンド業界の評価はこの最高のカラーを必ず勧めます。

価格も最高になるからです。

しかしダイヤモンドは、Clarity(傷)やCut(カット)と組み合わせて初めて輝くのです。

どんなに色の良いものでも、カットが悪ければ、その屈折率に因る反射の光が少なくなるので輝きは低くなるのです。

逆にカットが良ければ、Clarity(傷)の小さな内包物は、その輝きによって見えなくなってしまうのです。

最高の組み合わせが綺麗なのは誰もが見れば解りますが、その4Cを知らなくても、輝いている事が一番重要なのです。

いつ迄も4Cの説明をして、予算を釣り上げるお店は、売る事に意識を向けていて、お客様目線では無いのかもしれません。

ご予算の中で、選ぶモノで何を提案するかで、その店の良し悪しが解ります。

因みに、アトリエ100&1では、CutグレードとCaratを先ず優先します。

他を無視するのではありませんよ。

高品質を選択するばかりで、非常に小さいモノよりは多少の大きさを考慮したいからです。

2:いつ迄も着けれますか?

大きさを考慮したいと言った事に繋がりますが、年齢を重ねるにつけ、小さいダイヤモンドでは物足りなくなるからなのです。

年齢と共に給料が上がるから、その時改めて買おうという人はそれでも良いでしょう。

最近の経済状況を見ていると、極一部の人しか、その様な事は可能ではないのかなと感じるからです。

若くピチピチした身体には小さくても、それに負けない輝きがあります。

齢を重ねて、円熟味を増してくると、相応しい大きさが必要になってくるのです。

予算の中で、小さいものと、大きい物があれば、それ程4C的に差が無ければ、一般の人の目では区別はつきません。

大きい物をお勧めします。

しかし、1ct(1カラット)=0.2gと言う実際は重さの単位で、小数点3桁迄計測するダイヤモンドの重さは、肉眼では測れないほどの大きさなのかも知れません。

そこまで用意出来てる小売店は〇〇ダイヤモンドとか、大手販売店くらいでしょう。

しかし用意が出来ると言っても、在庫金利、宣伝広告費や人件費などのコストを考えると貴方の予算で最幸のモノを選ぶことが出来るのかは不明です。

アトリエ100&1では予算内最高品質宣言をしています。

ご相談にも完全予約制にしているのには意味があるのです。

3:想いは込められていますか?

ダイヤモンドのスペックだけで選択するよりは、それを形にして贈る時に、更にその輝きが増すのは、そこに想いが込められているか?です。

ダイヤモンド自体をいじることは不可能なので、婚約指輪や婚約ペンダントにする、その行為を手作りでされては如何でしょう。

幸せの記憶を残す

手作り指輪アトリエ100&1では、プロポーズの時に贈るダイヤモンドはもちろん、それを形にする時にも意味を持たせております。

相手の為に、相手を想い割く時間こそが形になるべきと考えています。

結婚が決まっている2人にとっては、受け取った婚約指輪や婚約ペンダントが手作りである事を新婦は知らず、結婚式当日に初めてそれが手作りである事を知るのです。

その為に制作過程の全動画データお渡しサービスが標準で付いているのです。

結婚式場やホテルなどで流す(7~13分位)のであれば、別途編集費用は掛かりますが、一般的な編集費用の半額以下と言うスペシャル価格で提案するのも、幸せの記憶を残す一環と考えているからです。

この『幸せの記憶』と『ダイヤモンドを贈る意味』を2人が知ることで、どんな時にもお互いに力を合わせて乗り越える為のパワーが授かると思うからです。

ダイヤモンドの輝きは、完璧なダイヤモンドを選ぶより、その輝きを見ることで自分達も輝けると知る事ができるダイヤモンドを選びたいものです。

完璧な人間なんて居ません。

居たら、それは神様でしょう。

4Cのスペックだけで選択させる一般の小売店では注意しましょう。

幸せになって下さい。

感謝

2人で作る結婚指輪
感動サプライズの婚約指輪
幸せの記憶を刻むセルフメイドジュエリー
アトリエ100&1

私達の思い

●本   店 石川県金沢市 076-255-2896

JR金沢駅 バス 香林坊・片町 下車徒歩3分

●日本橋支店 東京都中央区 03-3661-6494
2015.12.25 OPEN

JR線 総武快速線 馬喰町駅 徒歩1分
JR線 浅草橋 徒歩3分
都営浅草線 浅草橋 徒歩3分
都営新宿線 馬喰横山 徒歩5分

●横浜 支店 横浜元町   050-5892-2508

JR線 石川町 徒歩5分
みなとみらい線 元町中華街 徒歩10分

 

ご質問・お問い合わせ

アトリエ100&1は、幸せの記憶を刻むをコンセプトに、一つの原型から一対の結婚指輪づくりを提案していますが、いろいろな指輪づくりに対応します。お気軽にお問い合わせください。

 

この記事を書いた人

みっちゃんマン三代二栄(みしろふじえ)(アトリエ100&1店主、社会事業プランナー)

様々な業界や社会の縦割りな考えに疑問を感じ「既成概念を破壊する」をテーマに活動しています。自然体で、自分らしく、今自分の出来る事をやっています。一つの原型から一対の結婚指輪をつくる手づくり指輪工房「アトリエ100&1」は金沢と横浜に。遊びに来てね^^ Web Site : http://www.100and1.jp/