プロポーズ

サプライズのプロポーズが可能な飲食店がブライダル事業成功のカギです。

By 100and1, 2016年7月17日


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の結婚のスタイルも様々に多様化してきて、アトリエ100&1でも結婚の相談を受ける機会が多くなってきました。

その中でもレストランを使った人前式や1.5時間的な結婚のスタイルが間違いなく増えてきてると感じます。

今後も経済的な観点からも二極化がますます進み、今までは当たり前だった結婚式・披露宴の大勢の人を呼ぶスタイルも変わってくると思います。

結婚式場やホテルを利用する方達も、そのスタイルがレストランの様なアットホームなスタイルでも可能である事に気づきだしてます。

列席者の余興に力を入れるよりも、列席者達とのコミュニケーションを多く取りたいとの考えで、新郎新婦のテーブルラウンドに多くの時間を割く傾向が見受けられます。

二次会や1.5次会を念頭にレストランを運営をされる事業者もどの様にブライダルのお客様を取り込むのか頭を悩ましてると思います。

安易に広告を打つより、意外と対応されていないプロポーズ演出について考えて頂きたいですね。

その意味を考えてみましょう。

結婚する意味を考える

元々は結婚とは親族と親族の結びつきを結婚する2人が代表する事で、その結びつきを深め、家族としての絆を強めていく事です。

披露宴を仲間達と親戚と一緒にする事に抵抗を感じてる新郎新婦は少なからずいます。

その為、親族同士の結婚式と宴席はこじんまりと済ませたいと考える人達が増えているのです。

その為結婚式は神社やお寺でし、料亭や割烹旅館等で親戚同士の宴が使われる事が多いですね。

新郎新婦がそこでは両家に挨拶してお酒を振る舞い、親戚同士が仲良くなっていくスタイルです。

逆に昔の、本来の結婚スタイルに戻ってきてる様な感じがしますね。

披露宴の意味を考える

その代わりに、友人達を呼ぶ1.5次会や二次会等をパーティー形式の会費制にする人達が増えているのです。

元々の披露宴は、結婚した二人が新しく結婚生活を送るにあたって、仲の良いお友達やお世話になってる仕事仲間に、結婚の報告と「これからも宜しくお願いします!」との想いで来賓者をエスコートするのが目的ではないか?と考えます。

それが、いつの間にか結婚式と披露宴を一緒にしたスタイルになってしまったのです。

一緒にした方が日程的にも便利だし、その分費用も掛かりますしね。

当たり前のように何百万もする費用を掛けさせて、それでいて最初の見積もりは安く呼び込むような金額にして・・・全ての所ではありませんが、ブライダルに携わる人達がどんどん自分達の首を絞める事をしているのです。

私綺麗でしょ?でなく、今後とも宜しくお願いします。が本来の披露宴だと考えます。

この考えを伝えると、ほんとうに多くの方に賛同されます。

プロポーズから始まる結婚準備

どんなカップルもいきなり結婚ではありません。

先ずプロポーズが有るのです。

宝飾業界が給料の3か月分何て現実味の無いプロモーションをするからなのか、実際に婚約指輪を渡さないカップルも多くいます。

プロポーズの時に、婚約指輪を渡すのではなく、ダイヤモンドを渡す事が本来の意味なのです。

結婚の時に何故ダイヤモンドを贈るのか?

売る事に目を向け、本質を見てこなかった業界が今の現状です。

結婚する覚悟がダイヤモンドに繋がるのです。

それは決して高いモノを送りなさいとか、給料の3か月分何て事には通じないのです。

因みにアトリエ100&1ではダイヤモンドは1,000円台から売ってます。

決して高いモノでは無いのです。

感動とトキメキを望む2人

私達アトリエ100&1ではプロポーズの仕方も新郎と一緒に考えます。

レストランでプロポーズして指輪を渡す所を動画に残したい人も居るのですが、レストラン側がそれに対応できないのです。

それも1.5次会や2次会を呼びたい、それこそオオバコの設備は用意してあるにも関わらずです・・・

中には料理の写真を撮って貰っては困るとの理由でNGでした。

超有名シェフの名前を冠する有名店でしたが、なんと尻の穴の小さい事か?写真で料理の味迄判断できないのに・・・それをプラスにしようとの考えにはならないのでしょうか?

プロポーズした場所の2人の映像が結婚式や披露宴で流れたとします。

サプライスのプレゼント

感動的な姿に、それを見ていた周りも何処のレストラン?となるでしょうに、更に2人が美味しいと感じて、スタッフの対応が良ければ、1.5次会や2次会に繋がる確率が上がるのです。

更には周年記念にと・・・

そんな幸せの記憶の残るレストランを間違いなく探しているのです。

ブライダル事業の成功要因は幸せの記憶を残す事

想像のできるサービスや演出ではなく、それを更に上回り2人の幸せの記憶へと繋がった時に、初めて口コミが発生すると思うのです。

市販の指輪を買って素敵なレストランで渡す事は誰でも想像できます。

その予測を大きく超えないと幸せの記憶には結びつかないのです。

プロポーズのできるレストランではなく、サプライズプロポーズの可能なレストランでなくてはいけないのです。

だからアトリエ100&1では、新郎が渡す婚約指輪が手作りだと新婦が知るのは結婚式当日、もしくは披露宴や二次会での事に拘りを持って提案しているのです。

その時に新婦の脳裏に、渡された時の事が走馬灯のように巡り、場所と共に幸せの記憶としてしっかり脳裏に残るのです。

その場所を2人が忘れますか?

そこを考えないで、ブライダル需要を取り込もうとしてるレストランには片腹痛いですね。

指輪を渡すタイミング等もお店の協力があって出来る特別なサービスなのです。

サプライズのプロポーズを考えたい人に読んで頂きたいですが、これを読んでる飲食店関係者で、共に感動を演出したいと考える方が居ると嬉しいですね。

 

2人で作る結婚指輪
感動サプライズの婚約指輪

幸せの記憶を刻むセルフメイドジュエリー
アトリエ100&1

私達の思い
本   店 石川県金沢市池田町二番丁17
竪町商店街 076-255-2896
横浜元町店 神奈川県横浜市中区元町3-147-9
元町幼稚園近く 050−5892−2508
姉妹店
アトリエ花風里 東京都日本橋馬喰町2-6-2 2F
浅草橋近く 03-3661-6494

 

ご質問・お問い合わせ

アトリエ100&1は、幸せの記憶を刻むをコンセプトに、一つの原型から一対の結婚指輪づくりを提案していますが、いろいろな指輪づくりに対応します。お気軽にお問い合わせください。

 

この記事を書いた人

みっちゃんマン三代二栄(みしろふじえ)(アトリエ100&1店主、社会事業プランナー)

様々な業界や社会の縦割りな考えに疑問を感じ「既成概念を破壊する」をテーマに活動しています。自然体で、自分らしく、今自分の出来る事をやっています。一つの原型から一対の結婚指輪をつくる手づくり指輪工房「アトリエ100&1」は金沢と横浜に。遊びに来てね^^ Web Site : http://www.100and1.jp/