なぜ2人で結婚指輪を作るのか?何故を考える事が結婚生活には必要

結婚を約束した2人が最初に結婚準備として取り掛かり易いのが結婚指輪を2人で選ぶことですね。

男性はプロポーズをする時に婚約指輪を1人で選ぶ勇気ある人は少し先に行動してるかも知れませんが、結婚が決まり2人で行動する事で、最初から結婚式場選びや、ウェディングドレスを選ぶ人は数少ないですね。

仮に彼氏1人で見に行ったとしても、彼女に気に入ってもらえるのか?とか考えると1人でコレ!と決断できる人はやはり少ないみたいですよ。

もしも1人で彼女への婚約指輪を選んでたとしたら、とても男らしい方なのでしょうね。

結婚指輪

デザイン選定

2人で結婚指輪を見に行こうかとなった時に、先ずする事が結婚指輪にはどんなデザインがあるのかを調べる事になると思います。

NETであろうが、結婚情報誌であろうが、目にした時その数の多さに驚くと思いますよ。

その莫大なデザインの中から自分達の好みのデザインを選択しだす訳ですが・・・似てるデザインも多い事に気づく人もかなりいると思います。

業界に30年以上いる私には似たデザインになってしまうのもわかります。

薬指に納まる小さなリングのデザインなので、同じようなモノになってしまうのでしょうね。

様々なデザインの中で、ベスト10に選ばれるデザインはシンプルで有る事は間違いないですね。さらにそのベスト10は恐らく数年は変動が無いように思えるのです。

情報誌やNETでのランキングには、消費者をそう仕向けたいと考えるマーケティング戦略を込めまくった広告主の思惑があるので、今の流行りや売りたいモノを散りばめるのです。

結婚情報誌で一人勝ちの〇クシー等の広告費が1ページ当たり100万と知ってる人も多くありません。

その様な流行りのデザイン選択をした人ほど、結婚指輪を外されるケースが多いですね。

これらを念頭に結婚後20年、30年と使えるデザインを考えるとシンプルなデザイン選択になるのも頷けますね。

結婚指輪の目的を知る

結婚に舞い上がってる2人にとって、広告や企業の思惑を刷り込むのはたやすいことです。

しかし、結婚指輪を結婚したら着ける事を当たり前のように考え、真の目的を考える人は本当に少ない事には少し残念な気がするのも事実なのです。

結婚生活の期間、恐らくは何十年もさり気なく左手薬指に納まる結婚指輪に真の意味があるとすれば、ぜひ知って結婚指輪選びをする上での参考にするのが良いでしょう。

1:自分が結婚してる事への再認識

2:周囲に既婚者で有る事を知らせる

3:お互いに同じモノを身に付ける連帯感

4:波風を乗越えるアイテム

1の自分への結婚の再認識は、ふとした時に結婚指輪に目が留まり、相方を想いだし、その行為が既婚者として相応しいかを見つめ直す事になるのが望ましいですが、実際には時間の経過とともにその意識は薄らいでいくのが普通みたいですね。

2の周囲に対して既婚者で有る事を知らせるのも重要な目的の一つですね。自分からでなくても既婚者とは知らず相手の勘違いによって変なトラブルになるのも面倒ですしね。

3の連帯感も1と同じように時間の経過とともに薄らいでいくみたいですが、極力忘れないでいて欲しいですよね。

4のアイテムは、アトリエ100&1並びにアトリエ花風里のオリジナルの考え方みたいですが、実はこれとても重要なことと私共では考えてています。

平穏無事で暮らしている間は良いのです。

当人同士だけでなく、長い生活の期間には、隣近所の社会的にや、会社内での事など様々なトラブルが訪れます。

これはどんな人に対しても悲しい事ですが、必ずに訪れます。

結婚指輪や婚約指輪を扱ってる店でこんな発言をする所は恐らく私共アトリエ100&1と東京浅草橋のアトリエ花風里だけだと思います。

何のために結婚するのか?

結婚は人生の墓場と例える人もいます。

何のために結婚するのか?を現代風に考えるとすれば、突き詰めていくと何の為に生きるのか?等と共通してくるのです。

昔のように、家と家、家族の存続の為の結婚と云うよりは、現代的に云えば、人が人と関わりながら、人間的に成長していくのと同じ様に結婚も考えることもできるのです。

この人として成長していくイメージが愛し合う2人が少しでも持てるかが、結婚生活を2人で助け合えるのか?足りない部分を補い合えるのか?に繋がると思うのです。

結婚生活を2人で本当に助け合って、ある目的に向かって切磋琢磨しながら人間的に成長し合う事を言葉にせずとも少しでもイメージできる2人は、結婚指輪がなくても成長していけます。

結婚指輪を手作り

手作り結婚指輪の真の意味

人間的に成長しようと考えて結婚するような2人は少ないので、せめて結婚指輪を見る事で相手を思い出してほしいとの思いが、2人で作る結婚指輪に繋がるのです。

これは私達アトリエ100&1並びに東京浅草橋のアトリエ花風里がこの事業をスタートさせた時から一分のブレもありません。

指輪を見る度に、相手の事を思いだし、共に現状や未来を考えるキッカケを与えたいとの思いからなのです。

さり気なく結婚生活において2人の左手薬指に収まるモノならば、2人で手作りして頂きたいと考えたのです。

思い出すことで、結婚する時の覚悟を呼び覚まして欲しいのです。

好きだから、愛しているから、一緒に居ると楽しく楽だから・・・もちろん結婚するに十分な理由です。

手作りの結婚指輪を選択するならば、なぜ結婚指輪を手作りするのか?を改めて問うて頂きたいと思うのです。

2人は結婚指輪を選ぶとき、そこにどんな意味が込められるてるかを知っていますか?

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ。
KANAZAWA|金沢
GoogleMAPで表示
兼六園や金沢21世紀美術館にも程近い場所にあります。
フラワーショップNuage』との共同店舗なので、花や緑に包まれたロケーションで和やかに指輪作りができます。
〒920-0984 石川県金沢市池田町二番丁17
050-5892-2508(ご来店の際は事前にご連絡ください。電話受付時間 10時〜21時)

 

TOKYO|東京
GoogleMAPで表示
東京の浅草橋駅・馬喰町駅近くにあります。近所の神田川には屋形船の乗船場があり、下町情緒溢れるロケーションです。
ジュエリーショップの堅苦しさは皆無の、アットホームな雰囲気のアトリエです。
〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町2-6-2
03-3661-6494(ご来店の際は事前にご連絡ください。電話受付時間 10時〜21時)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です