NO IMAGE

貴石(きせき)

モース硬度7以上の希少性の高い石 解説 モース硬度7以上の特に硬く希少性の高い石、ダイヤモンド・ルビー・サファイヤ・エメラルドを貴石といいます。砂埃等に混ざる石英のモース硬度は7なので、硬度が7以下の場合は一般生活でも傷 …

NO IMAGE

モース硬度

鉱物に対する硬度の尺度の一つ。1〜10の10段階で表す。 解説 ここでいう硬さの基準は「傷付きにくさ」であり、叩いた時の「割れにくさ」ではありません。したがって、「ダイヤモンドがモース硬度10だから絶対に割れないか」とい …

NO IMAGE

ビッカース硬度

硬さを表す尺度の一つ。主に圧力を掛けた時の凹みでその数値を表す。 解説 ビッカース硬度の数値が高いほど固く、傷付きに辛くなります。その為、最近の宝飾業界では製造方法に関わらず、ビッカース硬度HV200前後または超えるもの …

NO IMAGE

彫金(ちょうきん)

叩いて成形した金属をたがね等で彫り、模様を施していく技法 解説 かつて鍛造が「生活に密着する道具を作る為に、金属を高温に熱して叩く刀鍛冶等の技法」であったのに対し、彫金は「金属をたがね等で彫り、かんざしや趣向品に飾りを付 …

NO IMAGE

鍛造(たんぞう)

主に刀鍛冶等、生活に密着した道具を作る技法 解説 元来のジュエリー業界における鍛造とは、型を使わずに熱した地金を叩き成形する手法のことを言います。純粋なジュエリーの鍛造には金属の厚みなども考慮されるため、最近の曲がったデ …

NO IMAGE

湯口(ゆぐち)

成形型やゴム型に、溶けた金属や樹脂ワックスを流し込む為の口(通り道)

NO IMAGE

鋳造(ちゅうぞう)

型に溶けた金属を流し込み成形する手法 解説 一般的な商品は、下記の要領で元原型を作り複製したものです。 製造方法 ジュエリーワックス(樹脂製の蝋材)で原型を作ります。 原型に湯口を付けて石膏に埋め込みます。 石膏を高温で …