手作り結婚指輪 – デザイン

WEDDING ring
WEDDING

結婚指輪のデザイン

一口に結婚指輪と言っても、そのデザインには様々なものがあります。
形状や装飾、仕上げなどの組み合わせによって無限にデザイン性は増え、二人だけの夫婦ブランドを作ることが可能です。
これから生涯ずっと身に着けるものになりますので、下記デザイン案を参考にお二人でよく話し合いながらイメージを膨らましていきましょう。

アトリエ100&1では、流行を追うことよりも「本当に自分達らしい」ものを手作りすることをお勧めしています。
流行は時代とともに変化していきますが、今まさに結婚しようとする自分達がイメージする「自分達らしさ」は決して色褪せることはありません。

形状

  • 男女共通デザイン
    男女共通デザイン
    基本形のオーソドックススタイルです。お客様は二人で一つの原型を制作して、職人が男女それぞれのサイズに鋳造します。個性や好みに合わせて男女で違う素材を選択できます。
  • 男女別デザイン
    男女別デザイン
    「デザインは同じでも指輪の幅は変えたい」など、男女別々のデザインにする場合は、相方の指輪をお互いに作って頂きます。逆に「原型は一つでデザインを変えたい」との要望にも条件付きで対応します。
  • 甲丸
    甲丸
    丸みを帯びた柔らかい形状で、年を重ねても使え、褪せることのない人気の形です。山の形状をゆるい山形にするか、急な山形にするかで表情は大きく変わります。
  • 平打
    平打
    甲丸に続いて人気のシャープな形状です。表も内側も平の部分が多いので、後からのデザイン追加が可能になります。
  • ひねり・ねじり
    ひねり・ねじり
    指輪を真上から見た時にストレートなら、ひねり・ねじりを施してもベースはストレートになります。個性的なデザインに仕上げながらも、指輪が直線なので二人で刻む内文字も可能になります。
  • S字
    S字
    ひねり・ねじりとは別に、真上から見た時にS字に見えるデザインです。ストレートではないので、文字入れは1~2文字と少なくなるのがネックです。
  • 直線
    直線デザイン
    平打ちに直線のラインを組合わせたシャープなデザインです。無機質で余計な飾り気の無いデザインは、モダンで洗練された印象になります。
  • 曲線
    自由曲線デザイン
    真直ぐではない、やわらなフリーハンドの様な曲線を用いることで個性的な印象にすることができます。基本デザインはストレートなので、内側に文字を刻むことが可能です。
  • クロスデザイン
    クロスデザイン
    「二人で文字は刻みたい。でも極力細身のデザインに仕上げたい。」クロスのデザインにすることで、その部分は幅の太い部分の半分になります。ストレートなので二人で文字を刻むことも可能になる、人気のデザインです。
  • 逆甲丸
    逆甲丸
    一般的な甲丸とは逆に反り返った形状にすることで、違った表情を演出する個性的なスタイルです。ストレートな指輪に二人で文字を刻むことが可能になります。
  • 段
    デザインに段差を付けることで、表面デザインの表現力が格段に変わります。ストレートな指輪に二人で文字を刻むことも可能になりますし、男女の段差デザインを変えることも可能です。
  • 特殊形状
    特殊形状
    お客様のイメージする自由なデザインに仕上げることが可能です。デザインにも因りますが、ストレートな部分があれば二人で文字を刻むことが可能になります。

幅・厚み

  • 細幅
    細幅
    幅が2mm以下の指輪を指します。機械やレーザーによる刻印は可能ですが、二人で文字を刻むことはできません。
  • 中幅
    中幅
    幅が2.5mm~3.5mmの指輪を指します。二人で文字を刻むことは可能ですが、手先が器用でないと難しい傾向があります。上手く彫ることができなかった場合は、修正料が追加される場合がございます。文字入れの成功率は2.5mmで10%以下、3mmで40%、3.5mmで60%程度です。
  • 太幅
    太幅
    幅が4mm~5mmの指輪を指します。面が大きくなることでデザインの幅が広がります。内側の文字も書き易くなるため、簡単なイラスト等を描くことも可能になります。
  • 極太幅
    極太幅
    幅が6mm以上の指輪を指します。重厚な仕上がりになるので、繊細なデザインよりも質感を望む方にお勧めです。内側の文字も書き易くなるため、複雑なイラスト等を描くことも可能になります。

装飾

  • 柄彫り(線)
    柄彫り(線)
    お客様のイラストをもとに、職人が彫りのサポートを致します。複雑なデザインでは、レーザー彫刻による彫をお勧めすることもございます。
  • 柄彫り(面)
    柄彫り(面)
    段差を使ったデザイン演出です。光の陰影により大きい図柄をダイナミックに浮かび上がらせます。二つの指輪を重ねてデザインすることで、さらに印象的なものになります。
  • 柄彫り(点)
    柄彫り(点)
    点の彫を職人が施します。点の集まりで描かれた図柄は繊細で美しくとても素敵です。写真のデザインは、二つの指輪が重なり、花火による大輪の花が演出されました。
  • 槌目
    槌目
    金槌で叩いて付ける文様を槌目(つちめ)模様といい、結婚指輪では定番の仕上げデザインです。表面磨きの強弱で、しっかり見せるか、うっすら見せるかの違いを出すことができます。※画像の槌目は比較的しっかり見えています。
  • カットリング
    カットリング
    通常は機械で仕上げる(高速回転するダイヤモンドカッターで指輪の表面を切削)カットリングを、当店では職人の手によって仕上げます。職人の技量が試される逸品となります。
  • ミル打ち
    ミル打ち
    機械彫のミル打ちが多い中、当アトリエでは、職人による手打ちを施しております。手作業による温かみある豊かな質感を得られます。
  • スタンダード
    スタンダード
    幅太の指輪など、質感や存在感を重視する時はシンプルな方が映えます。いつまでも飽きのこない絶対不動のデザインです。

表面仕上げ

  • 鏡面
    鏡面
    指輪をピカピカに輝かせる、仕上げの基本です。日常使いで最も傷が付き易い(目立つ)処理でもあります。傷を付き難くする硬化処理も対応しております。お気軽にご相談ください。
  • 艶消しマット
    艶消しマット
    しっとりとした柔らかい色合いになります。落ち着いた風合いが人気の仕上げです。鏡面と組み合わせることで、表情の対比が美しいセンスアップしたデザインになります。
  • ダイヤモンド荒らし
    ダイヤモンド荒らし
    味わい深い独特の荒れ具合になります。ラメが散りばめられた様な華やかな表情にも関わらず、ギラギラしない人気の仕上げです。
  • ヘアライン
    ヘアライン
    時計の金属ベルトをはじめとする工業製品に多く見られる、薄く細いラインを施した仕上げです。シャープな印象になり、特に男性には人気があります。

宝石

  • メレーダイヤモンド
    メレーダイヤモンド
    市場の90%以上が採用する基準に沿ったダイヤはもちろん、ご予算に合わせたものもご用意できます。ダイヤモンド商社から直接買い付けするので、価格には絶対の自信があります。1pcs 1,000円台からご用意しております。
  • 隠しダイヤモンド
    隠しダイヤモンド
    表面に目立たせるのではなく、指輪のサイドなどにさり気なくダイヤモンドを留めます。“ダイヤが目に入った時に、相手を思い出すこと”をルールにするなんて素敵ですね。使うダイヤも小さくて良いのでリーズナブルです。
  • 色石
    色石
    宝石研磨の職人と連動し、結婚指輪のダイヤモンドと同じ形にすることが可能です。昔のダイヤモンドをリカットして輝きを取り戻すこともできますのでご相談ください。

内文字

  • 日付
    日付
    入籍日・結婚式の日・お付合いのスタートした日・プロポーズの日・忘れられない日など、二人の記念日を指輪に刻む方が多いです。
  • イニシャル
    イニシャル
    日付と同様に二人のイニシャルは必須です。お互いにそれぞれ相手のイニシャルを、手作業で彫るのが私達のルールです。
  • 言葉
    言葉
    自分達の生き方を指輪に刻みたいと考える二人もいます。指輪の内側に彫る文字数も考慮しながら、二人の夫婦ブランドに仕上げましょう。
  • イラスト
    イラスト
    言葉の代わりに、自分達に纏わるマークやイラストを彫る二人もいます。世界で唯一の夫婦ブランドに仕上げる素敵なアイディアです。
  • 宝石埋込み
    宝石埋込み
    「永遠」を石言葉に持つダイヤモンドを2人のイニシャルの間に埋め込む、隠しダイヤモンドの素敵な使い方です。



MOVIE

動画編集オプション

  • 作りながら楽しく収録

    アトリエ100&1では、ジュエリー作りの様子を記録するだけでなく、同時に結婚や家族、友人への思いをインタビュー形式で語っていただく動画を収録しています。

  • 記憶に残る「感動」を

    プロが編集したメッセージムービーを結婚式や披露宴、パーティー会場で流すことで、出席者によりお二人を理解してもらうのと同時に、感謝を伝えたり感動を与える最高の演出になります。

  • 手作りの「本当の価値」を

    映像を観れば、何年経っても製作時の思いを振り返ることができます。これは手作りジュエリーを、思いがこもった「本当の価値あるモノ」とする為の、当アトリエのコンセプトの一つなのです。


OUR POLICY

すべてはお客様にご満足頂くために