何の為に、何の意味を持って結婚&結婚式をするのか?

ナシ婚と云う、結婚式を挙げないカップルが増えてきてます。

経済的な理由もあるのでしょう、瞬間のイベントに数百万を使う事に意味を見いだせない若者が増えているのです。

そこには現在の人間関係の気薄さが見え隠れしますし、血の繋がってる家族に対してさえも同じ様な感じがするのです。

それ程、世知辛い世の中になったのでしょうか・・・

そんな中でも、結婚式をする意味を明確に持ってる2人がいます。

神前式結婚式

結婚式をする意味

仕事柄、結婚式や披露宴の相談を受ける事があります。

人それぞれに意味を持ってると思いますが・・・あるカップルの発した言葉に改めて納得させられました。

『結婚式&披露宴は、正面に向かって両親に感謝ができる日』

生まれてから何十年、両親の元で生活してきても、なかなか面と向かって感謝の気持ちを伝えてる人は少ないと思います。

両親にしてみれば、どんなに苦しい時であっても、我が身を削っても、我が子を一番に優先してきたことが、一瞬で溶け出すほど、結婚式での自分達へ向けた感謝は、大きいのです。

そんな言葉を発することのできる2人は、必ず幸せになる事でしょう。

披露宴に対しても、目的を明確に持たずに、自分達の演出を一番に考える人もいますが、まず幸せに近づくことは難しいでしょう。

披露宴は結婚生活をスタートする2人を、末永く宜しくお願いしますと云った場で、本来であれば一生付き合えるであろう人を呼ぶべきと考えるのです。

高額の結婚式&披露宴をこなす為に人数を増やし、ご祝儀を充てにすると云った悪循環が昔のスタイルの結婚式&披露宴のスタイルでした。

近年は経済的な影響も大きいのでしょうが、結婚式をする意味、披露宴をする意味を見つめ直す人も多くいます。

結婚式&披露宴は、ご両親への感謝と、一生お付合いできる友人や上司に対して、結婚生活をスタートする2人を今後とも宜しくお願いしますと伝える場であると考えます。

この定義を遂行しようと考える私達アトリエ100&1のウェディングプロデュースは、ゲストハウスやホテルでの今までのスタイルよりは、ずっとシンプルです。

今までの結婚式&披露宴のスタイルに疑問を持ってる人は、お気軽にご相談くださいね。

それでは究極の問い、何故結婚するのか?を考えてみます。

2人で指輪作り

結婚をする意味

結婚に関する事業をしている人達にも、もう一度考えて頂きたい究極のテーマであると思います。

事業者なのだから、利益追求で自分達の給料が賄われ、生活できているのだから、事業者としての首を絞めかねないとよく言われますが・・・これが私達のスタンスなのでお伝えしようと思います。

究極は人間としての成長のためと考えます。

この考えは、あくまで私個人的な考えなので、万人に当てはまるとは思いませんが、この様に考えることで、真面目に結婚について考えてる人達の助言になればと思います。

結婚するのに目的は必要ないかも知れませんが、ノリや勢いでする最近の人達の結婚感は、離婚率を高めるだけだと思うのです。

全ては人間関係の希薄さに関係すると思うのです。

全ての苦悩は、人との関わりを介してだと思うのです。

血の繋がりのある家族間での事でも、会社での事や社会での事でも・・・

環境は違えど、人との関わりを介在して、その苦悩は生まれます。

お金だよ!と考える人もいるでしょうけど・・・お金を持っていても、悩みは消えないのです。

その悩みや苦悩とは、変えられない人間関係の精神的な側面を捉えたモノだと思うのです。

人は苦悩を乗越える事で、人間的な成長に繋がると考えます。

一番小さな社会を家庭に見立てると、結婚する2人を神様が引き合わせ、お互いに切磋琢磨する事で、人間的に向上していきながら、さらに大きな会社や社会を2人で乗り切っていく為のチーム作りをしている様に感じるのです。

幸せに向かう人達の共通点は、間違いなく家族が仲が良い事です。

もちろん両親の仲が悪くて、離婚に至った子供が全て結婚に向かないとも言いません。反面教師と云う言葉もあるように・・・

これは、何千組の結婚するカップルを見てきて、30年以上宝飾業界から結婚する2人を見てきて感じることです。

私達は何故結婚するのか?その意味を一緒に考えられる相手は運命の相手と考えて間違いないでしょう。

結婚について一緒に話合った事はありますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です